午後は車を2台洗っておやつ作って送迎。

今日は小規模事業所での仕事。
なんか引継ぎができてへんくって少しイライラしたけど、まあそれなりの一日。
午前中に少し営業にも回った。

午後は車を2台洗っておやつ作って送迎。
なんか怠かったし早目に帰った。

昨日、前の会社の後輩から電話があった。
同じ試験を受けたからその結果と雑談。
多分この子も試験大丈夫やろ。
気がついたら1時回ってた。
仕事、車、釣りと共通点が多い。

めっちゃいい奴やから悪気はないのはわかってる。
けど、たまに言葉が突き刺さる。
「えのもんさんの年齢やったら・・・」とか「あとがない・・・」とか。
何の気なしに言うてるのはわかってる。ほんま、やわになってる。

嫁さんもいい子でおれになついてくれてる。
ほんまの意味でおれが関西に戻ることを望んでる。
期待に応えられんくってごめん。

この夫婦をみてると、結婚っていいなと思う。なんだかんだ仲がいいし、家族としても男女としてもしっかり成立してる。
要するに、バランスがいいんやろな。

普段はマイペースで楽しく生活できてる。不満はない。
けどたまに変な不安に襲われる。
まあそれもずっと続くわけじゃなく、寝る前とかが多い。

このままではよくないよなぁと漠然とは思ってる。
けどこればっかりは無理してもしゃあないし・・・けど何にもせんのも・・・
みたいな感覚。

あえてアホを承知で理想を言えば、気がついたら必要な存在で一緒に歩いていきたいと思える人、無理なくお互いの仕事、趣味やペースを尊重できる人。束縛が少ない人。
まあ普通に生活してたらそんな人と出会うのはちょっと無理っぽいけど(笑)

前に聞いたことがある。
35歳~39歳の結婚率は男性3%。
40歳以上は男性は全体の0.4%、女性は0.5%で、45歳以上では、男女とも全体の0.1%しか配偶者を見つけられなかったと。
こんなデータみせられたらへこむわ(笑)

けど、実はおれこの3%に入っています。
初婚は36歳やったから。
せやからあくまでもデータはデータ。
チャンスは少ないやろうけど、いろんな人との出会いの中でいい関係が作れたらいいなとは思う。

けど極端なことを言えば、結婚という形やなくてもいい。
大切な存在であれば。

まあ試験も終わったしいろいろ一息ついたから、少しづつ動いてみます。





「イスラム国」拘束:「後藤さん24時間以内殺害」新警告
【カイロ秋山信一】イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)とみられる犯行グループに拘束されているジャーナリストの後藤健二さん(47)が登場する新たな映像が27日午後11時ごろ、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開された。映像中の声明は後藤さんを名乗る (続きを読む)

後藤さん不明、昨年11月に把握 首相、答弁で明かす
過激派組織「イスラム国」に拘束されているフリージャーナリスト後藤健二さん(47)について、安倍晋三首相は27日の衆院本会議での代表質問に答え、「昨年11月に行方不明事案の発生を把握した直後に、官邸に(情報)連絡室、外務省に対策室を立ち上げ、ヨルダンに現地 (続きを読む)

ヨルダン、一括解放を要求 「後藤さんとパイロット」
イスラム国」はヨルダンで収監中の女性、サジダ・リシャウィ死刑囚と後藤さんの身柄交換を要求しているが、ヨルダンの外交政策を一定程度知る立場にあるマナシール氏は、ヨルダン政府はカサスベ中尉も含めた形での解決ならば死刑囚の釈放に応じる可能性があることを示唆 (続きを読む)

「イスラム国」拘束:シリアの人々を…後藤さん強い使命感
安田さんによると、後藤さんは昨年1月、シリアのアレッポで国際テロ組織アルカイダ系「ヌスラ戦線」に一時拘束され、解放時に取材許可証をもらったが取材せずに帰国したことがあったという。「行動は慎重だった。シリアの人々への思い入れがあり、何とかしたいという気持ちが (続きを読む)

イスラム国人質事件、後藤さん画像「合成」との見方も
この画像は24日午後11時過ぎにインターネット上に投稿され、後藤さんとみられる男性が、もう1人の人質だった湯川遥菜さんの殺害を示す写真を持つ様子が映っている。画像には音声が付いており、英語で「日本政府が期限の72時間以内に行動しなかった」などと政府の対応 (続きを読む)

人質の一括解放を模索 政府、後藤さんとパイロット
過激派「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件を巡り、日本・ヨルダン両政府が後藤健二さんとヨルダン空軍のパイロットの一括解放を模索していることがわかった。現地対策本部長の中山泰秀外務副大臣は26日夜(日本時間27日未明)、アンマン市内で記者団に「ヨルダン (続きを読む)

ヨルダン政府 後藤さんの解放「日本と協力」
フリージャーナリストの後藤健二さんがイスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織に拘束された事件で、ヨルダン政府は同じく拘束されているヨルダン人パイロットの解放を優先しつつ、後藤さんの解放についても日本と協力するとして「イスラム国」側と接触を続けています。(続きを読む)

捕虜交換交渉に後藤さん含めること可能か模索
イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織が後藤健二さんの解放と引き換えにヨルダンで収監されている死刑囚の釈放を求めている事件で、政府は、事態の打開に向けて、ヨルダン政府と「イスラム国」との捕虜の交換交渉に後藤さんを含めることができないか対応を模索し (続きを読む)