夏にうなぎ・・というのが定着した理由

年に1回か、2回。大勢の日本人がこぞってうなぎを食べる日があります。土用丑の日。
今年は7月の26日。おとついでした。
個人的には、皆がこぞって・・という行事に追随するというのが余り好きではないのですが、なんだかんだいって毎年その日にはうなぎを食べています。おそらく、魚屋なので、食べる機会が多いということと、うなぎ自体が好きだということが理由です。

ちなみに土用丑の日。別にうなぎを食べる夏だけではなく年に何回かあるそうです。
各季節の初め。つまり合計4回。うなぎを食べるのは夏の初めらしいのですが、他季節にもある。そして、うなぎの業界では、他季節の土用丑の日にもうなぎを食べよう!・・という運動やらを行っているそうです。
いやらしい話だなあ、などと思うのですが、ケーキだろうがチョコレートだろうが、年中行事に食べるモノといえばおおむねそんな感じで普及してきた。有名な話なのですが、うなぎこそ、その走りとされています。

  • リフォーム 株式会社ホウリョウ【茨城県つくば市花室950】
  • リフォーム 株式会社富田工務店【茨城県つくば市花畑1丁目13-4】
  • リフォーム 水越建築【茨城県つくば市花畑2丁目12-2-107】
  • リフォーム 三井マネジメント株式会社【茨城県つくば市花畑2丁目12-3】
  • リフォーム 茨城セキスイファミエス株式会社つくば営業所【茨城県つくば市花畑2丁目15-3】
  • リフォーム パーソンズジャパン(合同会社)【茨城県つくば市花畑3丁目19-26】
  • リフォーム 高塚建設工業株式会社つくば支店【茨城県つくば市花畑3丁目32-13】
  • リフォーム 株式会社Betty&Home【茨城県つくば市花畑3丁目5-4】
  • リフォーム パナソニックリフォーム株式会社関東支社茨城営業部【茨城県つくば市学園の森2丁目16-3】
  • リフォーム 東建コーポレーション株式会社研究学園支店【茨城県つくば市学園南2丁目6-10】
  • 夏にうなぎ・・というのが定着した理由としては諸説あるのですが、有名なのが平賀源内が言ったからというもの。知り合いのうなぎ屋が売上が落ちる夏になんとか売れないもんかと相談したところ、丑の日に「う」のつく食べ物を喰うと夏ばてしない・・ということを触れて回った。
    つまり「う」なので
    「うめぼし」だろうが
    「うつぼ」だろうが
    「うみへび」だろうが
    よかった。
    そして、なぜ「う」なのかもちゃんとした理由がありそうにもない。
    ですが、定着すればこっちのもの。長くやっているものについては、なぜやっているのかという理由はいらない。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。