ゴールを意識することが大事

ゴールを意識することが大事である。
行為ひとつひとつの目的の設定や手段のチョイスも大事だが、
全体としてどこを目指しているのかを意識しなければならない。

例えば毎日の仕事。何のためにやっていて、どうなれば終わるのか。
それは仕事内の最適化だけじゃなく、
人生での仕事の位置づけをも考えなければいけない。
仕事に終わりがないのは、目的がないからだ。
私はある程度の資金をためて、不労所得が十分に得たなら仕事は即座にやめる。
だから終わりが見えている。終わりにたどり着くかは別問題ではあるが・・・。

  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の宮古市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の宮古島市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の宮崎市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の宮若市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の牛久市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の魚沼市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の魚津市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の京丹後市のはんこ屋探し
  • 印鑑作成(実印・三文判など)で安くて即日対応の京田辺市のはんこ屋探し

    だが世の中には仕事が好きでもないのに、
    仕事をしなければいけないという義務から仕事をしている人が少なくない。
    そしてゴールもないから、終わりもない。
    そういう人間は午後3時に仕事が終わって突然帰っていい状態になっても、
    時間をもて余すことだろう。

    仕事という卑近な例だけではない。
    例えば思想系の雑誌。あれはいったい何なのか。
    私が言及したいのは消費者側の消費態度ではなく、
    著者側の人間の目的である。
    いったい彼らは膨大な量の文字と延々と続く言葉遊びで何がしたいのか。
    読者の目的は明確だ。言葉遊びを楽しんで暇つぶしをしたいのである。
    だが著者に何か目的があるのだろうか。
    リアルタイムで起こる出来事に、化石のような言説をひっぱりだし、適当な意味づけを行う。
    誰が得をして、何が変わるのか。読む人間がお金と時間を損するだけだ。
    そういう予定調和を娯楽として提供してるなら、まあいいけどさ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>