人生には決断を迫られる時期があって、それは年齢に依存する

人生には決断を迫られる時期があって、それは年齢に依存するのではないかと。

個人差…というよりも時代差があるだけで、同じ時代に生きる人間なら同年齢で決断を迫られる。

さて、ではその年齢だが、ズバリ、21、22、29、40、65だ!

ピンと来たなら握手しよう。何も感じないなら俺が間違っているのか、それとも君が鈍感なのか…。

21、22は大卒目前の言わば人生の節目。これから40年をサラリーマンで過ごすのかどうするのか…。大卒でなくとも、同年齢の大卒が就職市場に入ってくるとき。自分を比較して見つめ直すときである。

29は結婚と未経験中途入社の節目。

40は出産の節目。あとは若者時代の終わり。他にも色々。

65は年金支給年齢。これはもしかしてこの歳というよりも前後の過ごし方なのかな。

  • 斜里郡小清水町 治験 アルバイト バイト
  • 常呂郡訓子府町 治験 アルバイト バイト
  • 常呂郡置戸町 治験 アルバイト バイト
  • 常呂郡佐呂間町 治験 アルバイト バイト
  • 紋別郡遠軽町 治験 アルバイト バイト
  • 紋別郡湧別町 治験 アルバイト バイト
  • 紋別郡滝上町 治験 アルバイト バイト
  • 紋別郡興部町 治験 アルバイト バイト
  • 紋別郡西興部村 治験 アルバイト バイト
  • 紋別郡雄武町 治験 アルバイト バイト

    まあそういうわけで、人生に切れ目を入れてコントラストをつければ、どんな平凡な日々も浮き上がって意味も付帯するのかなと。斯様に思います。

    平凡を愛し、平均的な幸せを手に入れることは意外に難易度が高い。それはたぶん、この日常をないがしろにしてるから。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>