芸術を愛するわけ

世界とは私の表象である。
人間は太陽そのものも大地そのものも知らない。
知っているのは、ただ、太陽を見ている眼、大地に触れている手なのだ。
(ショーペンハウアー『意思と表象としての世界』)

私は理屈っぽく見えて非常にロマンチストであり、
かつアーティスティックな気質なのよ。
芸術を愛するわけ。理屈は限界が見えているしね。

だいたい、ベストな判断が論理的に導出されたとして、
それを選択することをどうやって理屈で説明するわけ?
究極的には理屈の背後に信仰や偏執が隠れている。
それを無視して理屈に逃げ込むことは何の解決にもならない。
論理的であることは楽だから、皆、逃げ込みがちだけど。

まあそういうことは置いといて、
なんでねこを描きに行くつもりがショーペンハウアー描いちゃってんのよ。
次こそ断然ねこ。
人間をある程度描けなければねこも描けないらしい。
どういうことなんだか。

  • 安い 即日 加茂市のはんこ屋
  • 安い 即日 可児市のはんこ屋
  • 安い 即日 嘉麻市のはんこ屋
  • 安い 即日 歌志内市のはんこ屋
  • 安い 即日 河内長野市のはんこ屋
  • 安い 即日 花巻市のはんこ屋
  • 安い 即日 我孫子市のはんこ屋

    次は顔だけにゃんこにしてみてもいいかもね。下は人間で。
    世界にひとつだけの絵を描きたいじゃない。やっぱ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>