平均よりも上ならいい

自分が他者よりも優れていると信じ、
優れていることを文章でも口頭でも系統立てて上手に伝達しなけれならない。
そしてそのことに絶対の自信がなければ駄目だ。

私は自分の能力とそれを伝える技術に絶対の自信があり、
全応募者を薙ぎ倒してナンバーワンの位置を獲得することに疑いを感じなかった。
自分を疑ったりしなかったのである。
そして最終的に思い通りの結果になった。

人生において常に1位になる必要はないと、私は思う。
しかし、どこかで1位にならねばならない場面がやってくることは確実である。
規模は人によってまちまちだろうが、そのときにごまかしては駄目だ。
負けてもどうでもいいと、逃げ道を用意しては駄目なのだ。
ここぞというところでは必ず勝つ。
どうでもいい場面ではいくら負けてもいいが、勝つべきところでは勝つ。

それを見極め、誰にも負けないぐらいに信じられるような自分を日頃から造ること。
誰にも負けないとは文字通り、他の全ての人間よりも優れるということである。
それが1位になるということだ。

  • 昭島の切手買取
  • 杉並区の切手買取
  • 東久留米の切手買取
  • 東大和の切手買取
  • 東村山の切手買取
  • 板橋区の切手買取
  • 武蔵村山の切手買取
  • 武蔵野の切手買取
  • 江戸川区の切手買取
  • 江東区の切手買取
  • 平均よりも上ならいいとか、
    上位の幾人かに選ばれればいいという考えは甘い。
    どれだけ誤魔化しても、いつか1位にならねばならない日がくる。
    君はそのときのために準備をしているだろうか。
    周りの人間よりも優れる覚悟と自信はできているだろうか。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>