今の社会では個人に求められるものが大きくなりすぎている

どの企業も優秀な人材を低賃金で雇おうとスケベ根性を出している。
だが、うまくいかない。当たり前だ。
優秀な人材はどんな環境でも
最高のパフォーマンスを出すとでも思っているのだろうか。

どれほど優秀な人材でも、ふさわしい賃金を出さなければ
能力をフル活用して働くわけがない。
賃金が割に合わなければ優秀な人材は去り、ダメな人材は残る。
結果的に、賃金に見合った人材のみが会社に残ることになる。
賃金を出し惜しむ会社には相応の人材だけが残るだろう。

だからダメな人材を教育して一流に育て上げようとしても無駄だ。
市場価値があがれば、元々ダメだった人間でも、
より高い賃金を求めて転職するからである。

ではどうすればよいのか。
ダメな人間を投入しても会社の利益が上がる構造を構築するしかない。
個人のパフォーマンスに極力依存しない形を模索することだ。
複数名によるチェックやシステム管理など、
属人的問題を回避する方向で仕事を進めていくしかない。

  • 伊達市 当たる占い 
  • ひたちなか市 当たる占い 
  • さいたま市 当たる占い 
  • 浦安市 当たる占い 
  • 成田市 当たる占い 
  • 千葉市 当たる占い 
  • 港区 当たる占い 
  • 中野区 当たる占い 
  • 佐渡市 当たる占い 
  • 大府市 当たる占い 
  • 神戸市 当たる占い 
  • 佐世保市 当たる占い 
  • 熊本市 当たる占い 
  • 広島市 当たる占い 
  • 京都市 当たる占い 
  • そもそも、今の社会では個人に求められるものが大きくなりすぎている。
    それでいて賃金が低く抑えられている。
    このどちらかを改善しない限り、この問題には終わりがない。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。