心の重荷

お客はみんなバカみたいな大声で笑っている。
何がそんなに楽しいのか。わからない。理解できない。
だからこそ非常に興味がある。
居酒屋の中にはお酒と小さいテレビぐらいしかないだろうに。
心の底から笑える何かがあるとは到底思えない。

だが、毎日のように笑い声は聞こえてくる。不思議だ。
店の前を通ったこともあるが、何の変哲もない居酒屋である。
店先には赤提灯がぶら下がっており、庶民的な佇まいだ。
店内も狭く、たぶんカウンターしかない。

しかし、大声で笑う何かがあの居酒屋にある。
闇夜の静寂を切り裂く哄笑だ。酒の力か、他の何かか。

そもそも、腐れきったこの世の中に生きている限り、
心の底から笑うことなどそうそうないのではないか。
いや、これは私だけかも知れないな。
毎日笑って暮らせたらと思うが、
笑うことは考えることと相性が悪くて、
考え事の多い人間は心の底から笑うことなど出来ない。

そこらへんを上手く調整するのがアルコールなのかなと思う。
私は酔わないからわからないが、
普段考え事ばかりしている人間でも、
アルコールで脳にダメージを与えることで、
一定時間、脳の働きを停止させることができるのだろう。

  • 開運館E&E新宿鑑定所
  • 占い109の扉
  • 開運館E&E そごう大宮店
  • 占いルルドの部屋
  • 占い博多の母
  • 出雲神易
  • 渋谷占いの館
  • 太極命運道
  • スター占い電話相談
  • 月の寺院の占い師ベベルナール
  • 余計な考えを張り巡らせずに済めば、
    外界の刺激を難なく受け入れることができる。
    会話している相手を陥れてやろうとか、バカにしてやろうとか、
    この飲み会にどのような意義があって今現在何パーセント達成しているか
    とかいった余計な考えを巡らせなくてよくなるのだろう。
    そうしたら心の重荷がなくなる。気分も軽くなり、良くなるだろう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。