一粒の希望

おい、セカイ系の映画を見ている女子よ。
差を埋めろとは言わない。簡単には埋められない。
オヤジを君らの幸福な人生の舞台まで引き上げることはできない。
オヤジはあの年齢になるまで、数えきれないものを失ってきた。
そしてこれからも失うばかりなんだ。

夢を語ってくれる友人も、微笑んでくれる恋人も、
あったのかなかったのか。全ては過去のこと。今では風の中。
オヤジは涙をぬぐって明日も蕎麦屋に立つ。
電車に揺られて、人混みに流されて。
何かを始めるには、何もかもが遅すぎて。

  • 坂戸の切手買取
  • 大里郡寄居町の切手買取
  • 富士見の切手買取
  • 川口の切手買取
  • 川越の切手買取
  • 一粒の希望があれば人間は生きていける。
    しかし、それがさらなる絶望の日々を呼び込む。
    希望を胸に抱く1日があっても、
    希望に届かない絶望の中にいる364日があるならそれは不幸だ。

    さあ、田舎に憧れる女子共よ、かかってこい。
    これるものなら来てみろ。蕎麦屋に来い。
    張り倒してオヤジの生尻を押し付けてやる。
    社会のルールを教えてやる。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。