今の社会では個人に求められるものが大きくなりすぎている

どの企業も優秀な人材を低賃金で雇おうとスケベ根性を出している。
だが、うまくいかない。当たり前だ。
優秀な人材はどんな環境でも
最高のパフォーマンスを出すとでも思っているのだろうか。

どれほど優秀な人材でも、ふさわしい賃金を出さなければ
能力をフル活用して働くわけがない。
賃金が割に合わなければ優秀な人材は去り、ダメな人材は残る。
結果的に、賃金に見合った人材のみが会社に残ることになる。
賃金を出し惜しむ会社には相応の人材だけが残るだろう。

だからダメな人材を教育して一流に育て上げようとしても無駄だ。
市場価値があがれば、元々ダメだった人間でも、
より高い賃金を求めて転職するからである。

ではどうすればよいのか。
ダメな人間を投入しても会社の利益が上がる構造を構築するしかない。
個人のパフォーマンスに極力依存しない形を模索することだ。
複数名によるチェックやシステム管理など、
属人的問題を回避する方向で仕事を進めていくしかない。

  • 伊達市 当たる占い 
  • ひたちなか市 当たる占い 
  • さいたま市 当たる占い 
  • 浦安市 当たる占い 
  • 成田市 当たる占い 
  • 千葉市 当たる占い 
  • 港区 当たる占い 
  • 中野区 当たる占い 
  • 佐渡市 当たる占い 
  • 大府市 当たる占い 
  • 神戸市 当たる占い 
  • 佐世保市 当たる占い 
  • 熊本市 当たる占い 
  • 広島市 当たる占い 
  • 京都市 当たる占い 
  • そもそも、今の社会では個人に求められるものが大きくなりすぎている。
    それでいて賃金が低く抑えられている。
    このどちらかを改善しない限り、この問題には終わりがない。

    心の重荷

    お客はみんなバカみたいな大声で笑っている。
    何がそんなに楽しいのか。わからない。理解できない。
    だからこそ非常に興味がある。
    居酒屋の中にはお酒と小さいテレビぐらいしかないだろうに。
    心の底から笑える何かがあるとは到底思えない。

    だが、毎日のように笑い声は聞こえてくる。不思議だ。
    店の前を通ったこともあるが、何の変哲もない居酒屋である。
    店先には赤提灯がぶら下がっており、庶民的な佇まいだ。
    店内も狭く、たぶんカウンターしかない。

    しかし、大声で笑う何かがあの居酒屋にある。
    闇夜の静寂を切り裂く哄笑だ。酒の力か、他の何かか。

    そもそも、腐れきったこの世の中に生きている限り、
    心の底から笑うことなどそうそうないのではないか。
    いや、これは私だけかも知れないな。
    毎日笑って暮らせたらと思うが、
    笑うことは考えることと相性が悪くて、
    考え事の多い人間は心の底から笑うことなど出来ない。

    そこらへんを上手く調整するのがアルコールなのかなと思う。
    私は酔わないからわからないが、
    普段考え事ばかりしている人間でも、
    アルコールで脳にダメージを与えることで、
    一定時間、脳の働きを停止させることができるのだろう。

  • 開運館E&E新宿鑑定所
  • 占い109の扉
  • 開運館E&E そごう大宮店
  • 占いルルドの部屋
  • 占い博多の母
  • 出雲神易
  • 渋谷占いの館
  • 太極命運道
  • スター占い電話相談
  • 月の寺院の占い師ベベルナール
  • 余計な考えを張り巡らせずに済めば、
    外界の刺激を難なく受け入れることができる。
    会話している相手を陥れてやろうとか、バカにしてやろうとか、
    この飲み会にどのような意義があって今現在何パーセント達成しているか
    とかいった余計な考えを巡らせなくてよくなるのだろう。
    そうしたら心の重荷がなくなる。気分も軽くなり、良くなるだろう。

    仕事の環境を最適化することには努力する

    ホリエモンとか見城徹とか邱永漢とか、
    まあいわゆる実業家の熱い思いが詰まった本を読むのが好きなのである。

    ただ、読んでも世界や社会を変えてやろうとは思わない。
    それどころか、一生懸命に仕事をしようとも思わない。

    読んで楽しむのが第一目的である。
    それで心が昂ぶると、
    仕事や人生に前向きな気持ちが出てくる。
    ただ、そこから先は純粋に自分の問題で、
    自己啓発書では前向きな気持ちを作り出せさえすればよいのである。

    憂鬱な気持ちでいると、毎朝、
    嫌々職場へ出掛ける羽目となり、
    結果、仕事の効率も質も落ちてしまう。
    書類を何回チェックしても間違えるし、
    詰まった仕事の先を見越すことも出来ない。
    億劫なために、何が重要で緊急な問題なのか考えることもせず、
    いきあたりばったりに物事をすすめて大いに混乱する事態を招くこととなる。

    一方、自己啓発書を読めば気持ちが前向きになる。
    前向きな気持ちが生まれると、
    仕事をする前にやるべきことを書き出して整理することもできる。
    現状を俯瞰で眺め、最適な労力配分を行うこともできる。

    前向きな気持ちは心に余裕を生み出す。
    仕事の終わりを見越して取り組む計画性も生まれ、
    周囲の異論や反対に十分な準備をすることができ、
    邪魔者を楽々排除することも可能になるのだ。

    前向きな気持ちは仕事への没頭に繋がるから集中力が増し、
    当然ながら成果物の質も自然と高まってくる。
    美しい資料を準備して完璧な説明を行えば、
    同僚は一目置き、上司は息を呑む。

  • 千曲市 占い 
  • 飯田市 占い 
  • 諏訪市 占い 
  • 須坂市 占い 
  • 小諸市 占い 
  • 大町市 占い 
  • 飯山市 占い 
  • 塩尻市 占い 
  • 東御市 占い 
  • ただ、あんまりがんばって出世しても健康によくないので、
    私は適度に無礼を働いて成果を帳消しにすることも忘れない。
    仕事の環境を最適化することには努力するが、
    仕事を通じて自己実現を目指すとかクソ喰らえである。
    仕事はどれだけやっても所詮は仕事でしかない。
    そのどうでもいい仕事を、
    とにかく片付けるためのツールが自己啓発書なのである。

    コンサルタントの真似ごと

    私がコンサルタントの真似ごとをしていたときに、
    会議によくその会社の若い取締役が出席していたのだが、
    そいつがかなりの株を保有し、かつ手放して退職していることがわかった。
    今回はそいつがどのくらい儲けたのかを突き詰めていきたい。

    大量保有報告書によると、株式総数の16%くらいを保有している。
    とんでもない数である。大企業だったら日本有数の資産家だ。
    ただ、そこは上場間もない木っ端企業。
    天文学的な数字にはならないだろうと予測できる。

    さて、色々調べていくと、
    この取締役は上場後、13%も売却していることがわかった。
    気になる売却額はなんと約3億2千万円である。

    3億!?

    めちゃくちゃ儲かってるじゃないか。そりゃ仕事も辞めるわ。
    私だって退職する。だってこの金額、本物の宝くじじゃねーか。
    バスタブに万札を敷き詰めて、札束の風呂に入るわ。

    芸者遊びをした際に薄暗い玄関先で、
    「暗くてお靴がわからないわ」と私の靴を探している女中に、
    札を燃やして「どうだ明るくなったろう?」ってやるわ。

  • 稲城市 当たる占い 
  • 羽村市 当たる占い 
  • 葛飾区 当たる占い 
  • 江戸川区 当たる占い 
  • 江東区 当たる占い 
  • 港区 当たる占い 
  • 荒川区 当たる占い 
  • 3億が転がり込むとかどうかしている。IPOは夢のある話だよ。
    投資家にとってというより、創業者にとって夢のある話だ。
    だって投資家がIPOに当たって、
    その株が暴騰しても、まあせいぜい2倍くらいだよ。
    3倍や5倍になる場合もあるけど、よほど運が良くないといけない。
    それに公募価格から下がる場合もあるし、だからまあ2倍がせいぜいだ。

    うどん屋でミーティング

    それにしても仕事が終わった後にも真剣に仕事の話をしているなんて、
    資本家から見たら従業員の鑑のような人間たちだ。
    金を払わない時間にも仕事のことを考えてくれるんだもん。
    で、その結果を仕事時間に出してくれて、資本家を富ませてくれる。
    一方、従業員たちは何も得るものなし。
    いや、やりがいとかいうクソの役にも立たないものなら入手できるか。

    やりがいで暮らしていけたら素敵だね。
    額に汗水たらして得たお金の方が価値があるなら素晴らしいことだ。
    でも実際は給与所得も不労所得も金の価値は一緒である。
    仕事時間に一生懸命働いて、仕事終わりにうどん屋でミーティングして、
    息を切らせて働いた先に何があるのだろうか。よくわからない。

  • いすみ市 スピリチュアルカウンセラー
  • 旭市 スピリチュアルカウンセラー
  • 印西市 スピリチュアルカウンセラー
  • 浦安市 スピリチュアルカウンセラー
  • 我孫子市 スピリチュアルカウンセラー
  • 鎌ケ谷市 スピリチュアルカウンセラー
  • 館山市 スピリチュアルカウンセラー
  • 君津市 スピリチュアルカウンセラー
  • 香取市 スピリチュアルカウンセラー
  • 山武市 スピリチュアルカウンセラー
  • ただ、田舎のうどん屋で午後9時頃に話す内容じゃないな。
    しかも私が席に着いた時にはもう食べ終わってたからねそいつら。
    そこから私が食べ終わるまで席にいたから。どんだけいるんだよ。
    まさか私を待っていてくれたわけでもあるまい。

    心の片隅

    色々と忙しくなり、寝たままスマホをいじっている時間なんてなくなる。
    買い物ひとつ取っても、やることは非常に多くなるのだ。

    いらないものを捨てて、いるものを買うという当たり前のことだって、
    人々はかなり先送りしている。
    例えばいつかホームセンターで台所用品を買おうとか、
    遠出したときにディスカウントストアに寄って買い溜めしようとか、
    そういうことも心の片隅に残しておくくらいなら、
    今日行動すればよいのである。

    確かに効率は悪い。全く考えていない。
    しかし、それで日々の重苦しさを消せるなら、安いものだ。
    効率的な将来の処理より、今現在の処理に勝るものはない。

  • 小沼乃山鑑定所・茨城県鉾田市造谷
  • 天峰占星術・茨城県龍ケ崎市
  • 大徳二十三夜尊薬師寺・茨城県龍ケ崎市大徳町
  • マリアージュ吉野【石岡市】 霊能力者
  • 岩崎欽彌・栃木県さくら市氏家
  • 田中孚実・栃木県宇都宮市雀の宮
  • うらないのとびら・栃木県宇都宮市石井町
  • 滝沢伶仁・栃木県宇都宮市石井町
  • 悠真館・栃木県宇都宮市野沢町
  • ハッピーロード・栃木県宇都宮市茂原
  • 得体のしれない重苦しさは行動によって雲散霧消する。
    濃い霧が晴れ、次の道が明らかになるのだ。

    霧を掃っては進み、掃っては進みと継続していく。
    人生は俯瞰で見るとそれだけのことなのかもしれない。

    一粒の希望

    おい、セカイ系の映画を見ている女子よ。
    差を埋めろとは言わない。簡単には埋められない。
    オヤジを君らの幸福な人生の舞台まで引き上げることはできない。
    オヤジはあの年齢になるまで、数えきれないものを失ってきた。
    そしてこれからも失うばかりなんだ。

    夢を語ってくれる友人も、微笑んでくれる恋人も、
    あったのかなかったのか。全ては過去のこと。今では風の中。
    オヤジは涙をぬぐって明日も蕎麦屋に立つ。
    電車に揺られて、人混みに流されて。
    何かを始めるには、何もかもが遅すぎて。

  • 坂戸の切手買取
  • 大里郡寄居町の切手買取
  • 富士見の切手買取
  • 川口の切手買取
  • 川越の切手買取
  • 一粒の希望があれば人間は生きていける。
    しかし、それがさらなる絶望の日々を呼び込む。
    希望を胸に抱く1日があっても、
    希望に届かない絶望の中にいる364日があるならそれは不幸だ。

    さあ、田舎に憧れる女子共よ、かかってこい。
    これるものなら来てみろ。蕎麦屋に来い。
    張り倒してオヤジの生尻を押し付けてやる。
    社会のルールを教えてやる。

    駅弁というのは不当に高い

    おじいさんは寂れた駅の改札前で
    ワゴンに駅弁を入れて売っているのだが、
    寂れた駅だからそもそも人がいない。
    僅かにいる人々も横を素通りするばかり。

    だいたい、駅弁というのは不当に高いので、
    地元の人たちはまず買わないのだ。
    となると、旅行や出張で立ち寄る人たちが買うしかないのだが、
    そういう人たちは夜には良い店のご馳走を食べるので
    わざわざ駅弁なんて食べないのである。

    じゃあ誰が駅弁を買うのか。
    結論から言うと誰も買わないのだ。
    東京駅や上野駅ならまだしも、
    北海道の田舎にある名も知らぬ駅の弁当など
    誰も買わないのである。

    ちなみに買われなかった駅弁は、
    夕方になると駅のコーヒーショップに半額で並ぶ。
    日によってはかなりの数が半額で並んでいる有り様だ。

  • 清瀬市の切手買取
  • 渋谷区の切手買取
  • 港区の切手買取
  • 狛江市の切手買取
  • 町田市の切手買取
  • 以上の通り、駅弁はなかなか売れない。
    しかし、今日の私のように
    「たまには買ってみてもいいかな」
    という酔狂な客が現れることがある。

    サスペンス小説

    もしかしたら、更新の影響でそれまで使っていた物が使えなくなったのかもしれませんね。
    実際、携帯では使えていますからね。
    これだから、SNSって面倒なんですよ。
    此処でも時折、勝手にログオフされてしまっている場合があるもんね。
    なので、それまで切っていた通知メールを作動させる事にした。
    だから、ある意味これでフィーチャーホンと同じになったといえる。
    アンドロイドが作っているとはいっても、携帯は携帯ですからね。
    スマホのように、メッセージが来ると表示されるというふうにはならないわな。
    スマホを使っている人は、基本的にラインを使っているからガラケーを持っている人にとっては、不都合でしかないのよね。
    昨日から、サスペンス小説を読み出した。

  • 成田市の切手買取
  • 我孫子市の切手買取
  • 旭市の切手買取
  • 木更津市の切手買取
  • 東金市の切手買取
  • これがなかなかに分厚いもので、三百ページもあるもんですから読んでいて苦痛になってくる。
    しかもこれは、図書館の本で明日返せないといけないんですよ。
    そんなもんだから、一気に詰めないといけないわけで、これはかなりの苦痛でしか無い。
    かなりの読書好きで、一ヶ月に数冊読む人であるならいいのだが、月に一冊読めたら良いような人には、苦痛以外の何物でもない。
    まーそれでも、三分の一くらいはでは頑張りましたけどね。

    内容としては、いろいろと場面を変えて一つの話になっている感じですね。
    事の始まりが、一度強盗殺人で無期懲役を喰らって、仮出所しておきながら金目当てでまた強盗殺人をしてしまう人の事件からだった。
    こういう事件があると、刑事は必ず合理的な説明を求めるわけですよ。
    これが出来なければ、異常者ですね。

    観戦したサッカー

    起きたらやっていてたまたま観戦したサッカーのコロンビアvsスウェーデンはなかなかの激しい戦いだった!
    五輪世代のチームだけどW杯みたいな応酬だったなあ。

    その後行われた日本vsナイジェリアは・・・
    ・・・
    いやあ、今日はチャンスだったと思うよ、正直!
    明らかにコンディションが悪いナイジェリアが相手でしたからねえ。
    今朝の試合を見ていると、同組のナイジェリアとスウェーデンも相当強いですぞ。

  • みどり市 占い 
  • 安中市 占い 
  • 伊勢崎市 占い 
  • 館林市 占い 
  • 桐生市 占い 
  • 高崎市 占い 
  • 渋川市 占い 
  • 沼田市 占い 
  • 前橋市 占い 
  • 太田市 占い 
  • 富岡市 占い 
  • 4点取れた!ってのは多少ポジティブだが・・・
    やはり5点取られた!ってのが悪すぎ・・・
    いくらなんでも守備が崩壊しすぎだよなあ。
    前回の大会ではOAで参加した吉田麻也がすごくいい働きをしていたけどね。
    今回のOAは個人的には、ちょっと?って気もしていますが。
    初戦、大切だったかと思うんだけどね。
    まあ、4点取れた攻撃は維持して、守備は修正して・・・
    残り2試合、後悔のないように頑張ってほしい!